スマホ老眼 対策 原因

スマホ老眼 対策 原因

スマホ老眼 対策 原因

 

スマホゲームをやり始めてから、小さな文字や近くのものが見えにくくなった。まさか老眼?まだ30代なのに?
そんな心配をしているあなた、スマホの画面を1日に何時間見ていますか?もしかするとその症状はスマホ老眼かもしれません。

 

【スマホ老眼とは】
遠くのものはよく見えるのに近くのものが見えにくい症状を老眼と呼びます。一般的に老眼は加齢により、目のピント調節機能が衰えるものですが、近距離にあるスマホの画面を長時間見続けることで、目のピントを調節する水晶体が膨張したまま戻らなくなり、老眼と同様の症状を起こすことがあります。これをスマホ老眼と呼びます。
水晶体は遠くのものを見るときには薄くなり、近くのものを見るときには膨らみます。スマホ老眼は、ずっと膨らんだ状態を維持するため、目の周りの筋力を酷使します。多くの場合は1日の終わり、夕方に発症することで別名「夕方老眼」とも呼ばれ、一過性の疲労感や頭痛を引き起こします。
一過性だからと言って安心はできません。重篤化すると水晶体が固定化され、老眼を早めることもあります。

 

スマホ老眼の対策

・スマホの長時間使用を控えましょう。
・1時間使用した後は15分間遠くのものを見るなど、外眼筋と水晶体を緩めてあげましょう。
・スマホと目の距離を最低30センチ離しましょう。
・スマホのブルーライトは網膜を刺激します。ブルーライトをカットする眼鏡や画面フィルムを利用しましょう。目の疲れを感じたら、スマホの明かりを暗めに設定するだけでもかなり違いを感じます。
・サプリメント対策も効果的です。代表的なものは、ルテイン、ゼアキサンチン、アントシアニンです。ルテイン、ゼアキサンチンはブルーライトの刺激から水晶体を保護してくれます。アントシアニンはルテインの働きをバックアップしてくれる成分です。

 

スマホ老眼対策の目の運動

 

・水晶体の固定化を予防するため、ペンを片手に持ち、ペン先に視線を合わせたまま、腕を伸ばす、縮める、これを3秒間隔で交互に20回繰り返します。
・外眼筋をほぐすため、目を固く閉じる、見開く、これを3秒間隔で3回、1日5セットやります。
・上下左右4点にピントを合わせて、目をグルグルと回します。激しく動かすとめまいがするので、無理しない程度にゆっくり2周してください。

 

まとめ

 

通勤中や昼休みなど、時間を持て余したときに片手で操作できるスマホは手軽な暇つぶしになりますが、何事もやりすぎは禁物です。上手に文明の利器と付き合っていきたいですね。